2020/12/25

【メンズ】大人のジャケットコーデ『解体新書』

CSS

【メンズ】大人のジャケットコーデ『解体新書』

今さら他人に聞けないファッションの"基本のキ"をご紹介する解体新書シリーズ。
第一弾は大人の男性なら必ずと言ってでも過言ではない「ジャケット」にフォーカス。

基本をしっかりと抑え、見た目だけではないワンランク上のお洒落を楽しみましょう!

1.まずはジャケットの基本ディティールをチェック

ラペル&カラーまずは表情を決める

ノッチドラペル
シングルジャケットの定番仕様。
菱形デザインラペルでピークドラペルに比べカジュアルな表情。ビジネスシーンで最適な形。
ピークドラペル
ラぺルの先端が上向きにデザインされ、ピーク(峰)のように尖っている形状が特徴。フォーマルシーンで重宝されるデザイン。

ショルダー着心地を左右する重要パーツ

ナチュラルショルダー
自然な肩にラインに沿ったショルダーラインが特徴のアメリカ系のスーツに重宝される。
薄いパッドもしくはパッドなしの仕様で、身体にフィットして馴染みが良い。
コンケーブドショルダー
全体に湾曲して肩の先端が若干反り上がったデザイン。
コンケーブとは"くぼんだ"という意味のショルダー形状。
男性的なイメージが特徴的。

ポケット印象が変わる大事なポイント

パッチポケット
外側から別布を貼りつけた形のポケットデザインで、最もカジュアルな印象。
ブレザーなどに多く用いられ、親しみやすさがある。
フラップポケット
トラディショナルなスーツなどに多く使用されるデザイン。
フラップとは、蓋がついた形状のポケットのこと。
ホコリや雨の侵入を防ぐ実用的かつクラシックなタイプ。
スラントポケット
斜めについたポケット形状。
紳士なスポーツである乗馬の際に着用するジャケットのディティールが落とし込まれたデザイン。
傾きをつけることで手が入れやすく、シャープなスタイルに。
チェンジポケット
名称は元々、小銭を入れていたことに由来する。
脇ポケットの上に配された小さなポケットが印象的で、クラシックなスーツによく見られるデザイン。

袖口こだわりのディティールで差を付ける

本切羽
袖口のボタンが実際に開閉できる仕様のこと。
高級なジャケットやオーダースーツなどに多いディティール。
ボタンをはずして着こなすことで、手もと周りのお洒落も楽しめます。
あき見せ
実際には開閉できないボタンが配置された袖口のデザイン。
ボタンを配置でデザインを楽しめる上、袖丈の直しもラクなジャケットの仕様。
リーズナブルな価格のジャケットに用いられることが多い。

2.ジャケットの相棒、シャツの基本も抑える

ジャケットの見栄えを左右するといっても過言ではない、相性抜群のシャツの基本も抑えておきたい。
身体に直接触れるからこそ、ジャケット以上に着心地やフィット感を重視したり、あえてシルエットで遊びを効かせてレイヤードを楽しむことも。
ここでは、"最低限"のシャツの基本をおさらい。
「カラー」とも呼ばれ、シャツの印象に大きく影響を与える部分。
襟型はさまざまにあり、スーツやタイとの相性にも影響する。
腕を覆う部分のこと。
ジャケットの下にシャツを着る場合、カフスが1.5cm程度見えるくらいの袖丈がベスト。
手首部分を覆う箇所の総称。
さまざまなカッティングがあり、ジャケットからのぞいたときの柚口の印象を左右。
胸元に設置された小物を入れるパーツ。
本来アンダーウエアであったシャツは元々ポケットは無かった。
デザインと機能性が時代と共に変化。
前身頃と後ろ身頃をつなぐ、両裾脇にある補強布。
アクセントでステッチやブランドロゴなどをデザインする装飾的な役割で使用されることも。

3.タイプ別ジャケット

一口にジャケットと言っても様々な素材や柄、色で変化を出すことでよりお洒落を楽しめる。
ジャケットは生地や柄の組み合わせによって無限大の可能性を秘めているからこそ面白い。
シンプルなものは基本ではあるものの、あえてこの章では着こなしの幅を広げてくれる一着を覘いてみてはいかがだろうか。

シックな柄物を味方に
存在感のある千鳥柄は、イタリアのファブリックメーカー LANIFICIO ROMA(ラニフィーチョローマ)の生地を使用。
この上品な見た目とは裏腹に、ジャージ素材でストレッチが効いているというから驚きだ。
日本発、ダブルのセットアップ
愛知県の尾州地方で生産されているデニム調のシャンブレー素材を使用。
シャンブレーは使い込んでも色落ちに耐性があるという特徴が。
フォーマルだけどカジュアル、カジュアルだけどフォーマルの贅沢な一着はセットアップでの着用がおすすめ。
暖かみのある主役級ジャケット
暖かみのある色味に加え、手触りが良く柔らかな生地がポイントのベルベット素材。
深みがあり上品で、また肌触りもベロアよりも柔らかめな点が特徴。
ストライプの裏地や胸ポケットに施されたフェイクチーフなど、細部へこだわりも。
ジャケットの新解釈
スウェットなどに使用されるダンボールニット素材のトレンド感満載のジャケット。
独特な光沢感、張りのある伸縮性、程よい厚みのある生地感が魅力。
ラフに取り入れたい方は"走攻守"三拍子揃った今季注目ジャケットをドラフト1位指名してみてはいかがだろうか。

4.TPO抑えたジャケットスタイル紹介

ビジネスシーンはもちろんのこと、ジャケットを着崩してカジュアルに取り込んだり、様々なシーンで活躍してくれるジャケット。
生活様式が目まぐるしく変わる中、シーン別で必要なジャケットスタイルをご紹介。

ビジネスでの機能性を追求した3ピース
ビジネスシーンにピッタリな3ピース仕様。
毛玉になりにくい糸を使用。
表面には撥水撥油加工を施しケアの手間をカット。
肩甲骨あたりの裏地をストレッチ素材に切り替え機動力を上昇。

働く大人が快適に過ごせる理想の一着。

コーデに使用したアイテムの購入はこちら
ミックスヤーン ストレッチテーラードジャケット
ミックスヤーン ストレッチベスト【リバーシブル】
ミックスヤーン ストレッチパンツ
ジャケパンスタイルで大人の色気を演出
ストレッチが効いている軽い着用感が魅力なこのジャケットは、ジャケパンスタイルにマッチ。
大人でシックなヘリンボーン柄は、カジュアルな雰囲気のパーティーからラフなビジネスの場でもきちんと感を演出してくれる。
モックネックと合わせ、ジャケットに色気をプラス。

コーデに使用したアイテムの購入はこちら
ウールコットンヘリンボーン ジャケット
ヘリンボーン柄 起毛パンツ
12Gシェブロン柄プレーティングジャカードタートルニット
持っておきたいビジカジに対応できる
グレージャケットのセットアップ
ビジカジのニューノーマルに対応できる
一つ持っていると重宝するグレージャケット。 同素材のパンツと合わせればセットアップでビジネスにも対応可能。
インナーをカットソーで着崩せば、休日のラフなカジュアルスタイルにも。

コーデに使用したアイテムの購入はこちら
ソフトストレッチ千鳥格子 ジャケット
ソフトストレッチ千鳥格子柄 パンツ

5.ジャケット着回しコーデ提案

レイヤードするインナーでたくさんの表情を見せてくれるジャケット。
そんな男性の見方であるジャケットの着回しをここでは提案させていただきたい。
まだ見たことのない新しいジャケットの魅力がここにある。

[バンドカラー]

襟付きシャツとは打って変わって、こなれ感を演出。柄や色味を加えてバランスの調整を忘れずに。

コーデに使用したアイテムの購入はこちら
ドビーツイル ジャケット
ストライプ ストレッチバンドカラーシャツ
ドビーツイルストレッチ パンツ
〈2WAYストレッチ〉

【42nd×Men's Bigi】ローファースニーカー

[ハイネック]

首もとのアクセントが大人の色気を演出。襟付きシャツの箸休めとして重宝。

コーデに使用したアイテムの購入はこちら
ストレッチヘリンボーン ジャケット
〈2WAYストレッチ〉

12Gシェブロン柄
プレーティングジャカードタートルニット

ドビーツイルストレッチ パンツ
〈2WAYストレッチ〉

スエードローファー〈MADE IN ITALY〉

[ルーズシルエット]

オーバーシルエット、シャツアウトでストリート寄りな着回しに。着崩れすぎないようセットアップで合わせることがポイント。

コーデに使用したアイテムの購入はこちら
<TUMUGITO>シャークシャンブレー ジャケット
<TUMUGITO>シャークシャンブレーパンツ
ブロードレギュラーカラーシャツ

[カットソー]

Tシャツに羽織るだけでいいシンプルイズベストなスタイル。肩肘張らない等身大を表現。

コーデに使用したアイテムの購入はこちら
圧縮ウール混ジャージジャケット
ウールタッチジャージーパンツ
カットメルトンカットソー

[パーカー]

ジャケットから出るフードはレイヤード相性抜群。大人の男性がトライする場合は、やんちゃ感が出すぎないようワントーンでまとめると〇

コーデに使用したアイテムの購入はこちら
ダンボールニットジャケット
ダンボールニットストレッチパンツ
プレーンツイルプルオーバーパーカー

ジャケットスタイル『解体新書』いかがでしたか。
少しでもジャケット魅力を伝わっていれば幸いです。
今回紹介しきれていないジャケットは下記アイテム一覧からご覧ください。